介護職の基礎知識 認知症の介護

介護の仕事をするなら知っておきたい脳血管性認知症の知識

介護の仕事で避けて通れない認知症は大きく分けると4つの種類に分類されます。

前回は認知症の中でも多いと言われるアルツハイマー型認知症について解説しましたが、今回はその次に多いと言われる脳血管性認知症について解説したいと思います。

脳血管性認知症とは

脳血管性認知症とは、その名の通り、脳の血管に何らかの異常が起きて起こる認知症です。

その中でも脳血管性認知症を引き起こす代表的な脳血管障害は脳卒中(のうそっちゅう)です。

脳卒中と言っても種類があり、一般的には以下の3つに分類されます。

脳梗塞(のうこうそく)

脳梗塞は、脳の動脈硬化により血管が狭くなったり、血栓という血の塊が出来ることで血管が詰まることによって起こります。

それ以外にも、心臓など、脳とは他の場所に出来た血栓が血流に乗って脳まで行ってしまい、それが血管を詰まらせて起こる場合もあります。

どちらにせよ、詰まった先には血が回らなくなるため、脳の神経細胞は栄養不足と酸素不足を起こし、死滅したり、働きが低下してしまいます。

脳出血

脳出血は、脳の血管の動脈硬化や高血圧の状態が長く続く事で血管が弱くなり、弱くなったところが破れて出血します。

出血した血液は血種(けっしゅ)と言われる塊を作り、これが脳を圧迫することによって圧迫された部分の神経細胞を破壊して起こります。

くも膜下出血

くも膜下出血は、脳の中のくも膜と言う膜の下で出血が起こるものを言います。

くも膜下出血は、くも膜と軟膜の間に血種が出来ることにより神経細胞を圧迫し死滅させていきます。

このような脳卒中はほとんどが激しい頭痛をともない発症するのが特徴的と言えますが、中には本人が全く気付かないほど小さい脳梗塞を何度も繰り返している内に認知症になっていたなんて場合もあります。

実際に私のおじも健康診断を受けて脳梗塞があることがわかり、手術を受けました。

このような脳梗塞や脳出血は、動脈硬化や慢性的な高血圧、高脂血症(こうしけっしょう)、糖尿病と言った生活習慣病が原因です。

脳血管性認知症の進行

脳血管性認知症は脳卒中の激しい痛みが引き金になって発症するので、アルツハイマー型認知症と比べて発症時期がはっきりしている場合が多いです。

ですが、気づかないような小さい脳梗塞を何度も繰り返している場合は時期の特定は難しくなります。

脳血管性認知症の場合、アルツハイマー型と比べて物忘れよりも先に意欲が無くなったり、何事にも関心が無くなったりする場合が多いようです。

脳血管性認知症の場合は脳がダメージを受けた場所によって症状が異なりますが、よく見られる症状は実行機能障害です。

実行機能障害により、仕事の要領が悪くなったり、料理が作れなくなったり、リモコンの使い方がわからなくなったりなどの問題が起こってきます。

他には、精神的に不安定になりやすく、些細なことで激怒したり泣いたりするなど、感情を上手くコントロールすることができず、感情失禁も良く見られるようになります。

脳がダメージを受けた場所によって症状が異なるのですが、例えば「記憶力はのしっかりしているけども、料理は作れなくなった」とか「人の話はちゃんと理解しているけどテレビのリモコンを使えない」などです。

このように、脳血管性認知症は認知機能がまだらに障害されるので、別名「まだら認知症」とも呼ばれる事があり、このような症状が数日周期で変動してみられるのも特徴です。

アルツハイマー型認知症は進行が数年かけてゆっくりと進んでいきますが、脳血管性認知症の場合は脳梗塞やくも膜下出血等の再発を繰り返す度に症状が悪化していきます。

なので早い段階で適切な治療やリハビリを行っていれば、再発を予防できるし、症状の悪化を止める事も不可能ではありません。

介護の仕事をするなら知っておきたい脳血管性認知症の知識のまとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では最後におさらいもかねてここまでの要点をまとめていきたいと思います。

  • 脳血管性認知症を引き起こす代表的な脳血管障害は、脳卒中
  • 脳梗塞や脳出血は、動脈硬化や慢性的な高血圧、高脂血症、糖尿病と言った生活習慣病が原因で、原因の全くわからないアルツハイマー型認知症と違って、脳血管性認知症は予防策のある認知症と言える
  • 脳血管性認知症は脳卒中の激しい痛みが引き金になって発症するので、アルツハイマー型認知症と比べて発症時期がはっきりとしている場合が多い
  • 脳血管性認知症の場合は、脳がダメージを受けた場所によって症状が異なり、よく見られる症状は、実行機能障害で、仕事の要領が悪くなったり、料理が作れなくなったり、リモコンの使い方がわからなくなったり等の問題が起こる
  • 精神的に不安定になりやすく、些細なことで激怒したり、泣いたりするなど、感情を上手くコントロールすることが出来ず、感情失禁も良く見られるようになる
  • 脳血管性認知症は認知機能がまだらに障害されるので、別名「まだら認知症」とも呼ばれる事があって、このような症状が数日周期で変動してみられるのも特徴的
  • 脳血管性認知症の場合は脳梗塞やくも膜下出血等の再発を繰り返す度に症状が悪化していく

いかがだったでしょうか。

このように認知症と言っても種類によって症状は微妙に異なります。

介護の現場では、利用者の方がどのタイプの認知症なのかということも把握しておくことで、よりよい対応ができるようになるのではないでしょうか。


自分らしく働ける理想の職場を見つけたい方へ

「人間関係がよい職場で働きたい」「残業が少なく高収入が得られる職場がいい」

そんな希望を叶えてくれるのが、人気の非公開求人も多く取り扱っている介護業界専門の求人・転職サービスです。

無料で介護業界に精通した担当者から一人ひとりの希望や条件に合う職場を紹介してもらえて、面接の対策や職場見学の同行などのサービスも受けられるので、ぜひ活用してみてください。

介護業界専門の求人・転職サイトでは、ハローワークなどでは公開されていない好条件の非公開求人も紹介してもらえるだけではなく、介護の仕事についての不安や心配事などを相談することもできます。

事前に職場の雰囲気や人間関係、施設長さんの人柄まで教えてもらえるので、人間関係のよい職場で働きたいという方にもおすすめです。

介護業界専門の求人・転職サービスの中でも特におすすめの業者をご紹介しますね。

未経験者におすすめ!働きながら介護の資格を取得できる「かいご畑」

当サイトイチオシの就職・転職サービスです。未経験者OKの求人が充実している上に、介護職員初任者研修の資格が実質無料で取得できる支援制度があります。求人情報は全国エリア6,000件以上も掲載。介護教室も運営している「かいご畑」だからこそできる強力な制度でサポートしてもらえます。介護のお仕事が初めての方、無資格で働きながら資格取得をしたい方、ブランクがあり介護の仕事復帰を考えている方にオススメです。

週2~3日だけ働きたい・いろいろな職場を経験したい方にもおすすめ「きらケア派遣」

「無資格」「未経験」の方もサポートしてくれる介護派遣サービス。最高時給1700円!など好条件の求人が多数あります。ご就業後の心配がないように職場見学もできますし、子育てや家族の介護との両立に理解がある施設を紹介してもらうこともできます。

「ココカイゴ転職」なら職場の雰囲気や残業、年収がまるわかり! 介護求人専門の転職サイトです。

職場の雰囲気や残業、年収など自分では聞きにくいけど気になる部分を詳しく掲載。専任のキャリアパートナーが無料で面倒な検索や面接調整を代行してくれます。キャリアパートナー全員が介護資格をもっているので、介護ならではの専門的な相談もOK!どんどん質問や相談をしてみましょう。

Copyright© 未経験から始める介護の仕事 , 2020 All Rights Reserved.