介護の仕事内容 介護職の基礎知識

介護の現場で役立つ入浴介助のコツ

入浴介助は、介護の仕事を始めたばかりの方にとっては大変な仕事ですが、スムーズにできるようになれば、先輩の介護員からは頼られるようになるし、利用者さんからも喜ばれ、コミュニケーションも上手に取れるようになります。

今回は、これから介護の仕事を始めたい方や働き始めたばかりの方に向けて、介護施設のスタッフが押さえておきたい現場で役立つ入浴介助の基礎知識やコツについてまとめてみました。

まずは入浴介助の目的を知ろう!

介護の現場における入浴介助は、ただお風呂に入れれば良いと言うわけではありませんし、しっかりとした目的や意味があります。

まず入浴介助の一番の目的は、利用者さんの体を清潔に保つことです。

何を当たり前の事を言ってるんだと思うかもしれませんが、介護の現場では、施設によって違いはありますが、毎日全員がお風呂に入浴できるわけではありません。

家で生活していれば毎日お風呂に入るという方も多いと思います。

それが毎日入れないのですから、もちろん体は不衛生になりがちです。

それから、体を温める事により、新陳代謝を促進し、健康的な体を維持すると言う意味もあります。

そして、入浴する事により、気持ちが安心して夜ぐっすりと眠れるという効果にも期待できます。

入浴介助は利用者さんの全身をチェックする場でもあります。

何も考えずにザブザブお風呂に入れるのではなく、体にアザは無いか、擦り傷や切り傷は無いか、褥瘡(じょくそう)は無いかなどしっかりとチェックしましょう。

入浴前の準備

入浴をする前にもしっかりとした準備があります。

ここを怠ると思わぬ事故などが起こる危険性もあるので、手を抜かずしっかりとした準備をする事を忘れないでください。

施設によっては若干違いはあると思いますが、今回は入浴介助の基本の準備を紹介します。

1.脱衣所と浴室を22度~25度に温めておき、他の部屋との温度差が無いようにしておく

冬や、寒い地方で良くある事なのですが、暖房で暖かい所と、暖房の無い脱衣所や浴室との温度差が10℃以上になる事が結構あります。

そうなってくると暖かい所から寒い脱衣所や浴室への移動、更に熱い浴槽への移動といった、ごく普通の動きの中での急激な温度変化が短い時間で何度も起こる事になります。

そうなると、血圧が急激に上がったり下がったりといったことが起こり、そのような事を「ヒートショック」と言います。

ヒートショックは体に大きな負担がかかり、冬や寒い地方での入浴中に起こる突然死の大きな要因になっているので、普段過ごしている部屋と脱衣所や浴室の温度差にはくれぐれも気を付けてください。

2.あらかじめ排泄は済ませておく

介護施設では認知症の利用者さんが相手なのでどうしても体を洗っている最中や、浴槽内で排泄してしまう事もあります。

なので、入浴前にあらかじめ排泄を済ませておく事で入浴介助がスムーズに進みやすくなります。

3.バイタルチェックをする

入浴前に体温測定、血圧測定などのバイタルチェックは欠かせません。

いつもの血圧とかけ離れた高い血圧の状態でお風呂入れてしまったり、発熱している状態でお風呂に入れてしまったりしたら最悪の事態になりかねません。

4.バスタオルやオムツ、着替えなど必要な物を準備しておく

これも当たり前と言えば当たり前ですが、かなり大事なことで、「あ、靴下が片方だけ無い」とか「長袖シャツだと思って持ってきたら半袖シャツだった」ということが介護の現場では結構あります。

このような場合、入浴介助の途中で忘れてしまった着替えや物品を取りにいかなければいけなくなるので、利用者さんを脱衣所や浴室で一人で待たせてしまうことになります。

そうなってくると、介護員がいない間に転倒していたり、浴槽内で溺れていたりと言った事故が発生するリスクが高まりますので、絶対に利用者さんを一人きりにしないように必要な物はあらかじめ忘れずに準備しておきましょう。

5.お湯の温度は38度~40度に設定しておく

中には熱いお風呂が好きな利用者さんもいらっしゃいますが、高齢者の体に熱いお湯はかなり負担になります。

基本的には40度位に設定しておき、夏場や血圧が高い人が入浴する際は38度位に設定しておきましょう。

入浴中のポイント

ではここからは入浴中のポイントについて解説していきます。

1.滑りにくいイスに座ってもらい、手すりやひじ掛けにつかまってもらう

認知症や様々な障害のある利用者さんは、体のバランスが上手く取れなかったり、介護員が予期せぬ動きを突然することがあります。

その予防として滑りにくいイスに座ってもらい、手すりやひじ掛けにつかまってもらう必要があります。

2.足元からゆっくりシャワーでお湯をかける

いきなり頭や胸など、心臓に近い場所からお湯をかけてしまうと、心臓に負担がかかり予期せぬ事故が起こる危険性があります。

足元からゆっくりとお湯をかけていき、体を慣らしましょう。

3.体が温まったら頭を洗う

体が温まったら次は頭を洗います。

指の腹の部分で適切な強さで洗っていきます。

シャンプーは流し残しの無いようにしっかりとすすぎましょう。

それから、洗う強さや痒い所が無いかなどの声掛けも忘れないように。

4.体を洗う

この時に、利用者さんの全身をチェックし、アザや、切り傷擦り傷、褥瘡などが無いかチェックしましょう。

脇や乳房の下、肘や膝の内側などの汗のかきやすい場所、陰部や臀部周辺は特に丁寧に洗います。

丁寧に洗わなければいけないのですが、高齢者の皮膚は若い人に比べて弱いので、あまり力を入れてゴシゴシ擦ると内出血したり、表皮剥離(ひょうひはくり)したりする事があるので適度な力加減で優しく洗いましょう。

それと、陰部や臀部周辺は排泄物で汚れている事があるので一番最後に洗うのが基本です。

5.浴槽に入る

浴槽に入る際に片足を上げなければいけないので、足の筋力が衰えてきている高齢者の方は恐怖を感じることもあるようです。

そのため、「私が支えているので大丈夫ですよ」などの声掛けをしながら、浴槽に入るサポートをすることが大切です。

声掛けによって不安が取り除かれ、安心して浴槽に入ることができるようになります。

6.お湯に入っている時間は長くても5分程度

入浴はリラックスできる反面、高齢者の体には負担がかかります。

血圧の急激な変化や、のぼせてしまうなどの危険性もあるので、長くてもお湯に入っている時間は5分程度にしましょう。

7.浴槽から出る際は体を支えてあげる

浴槽から出る際も入るときと同じように声掛けをしましょう。

体を支えてバランスを取りながら、ゆっくりと出ましょう。

入浴後のポイント

入浴が終わっても入浴介助が全て終わったとはまだ言えません。

入浴後のケアもしっかりと行ってようやく入浴介助終了となります。

1.頭や体をバスタオルで丁寧に拭く

ここでしっかりと水分を拭き取っておかないと、せっかくお風呂に入って温まった体が湯冷めしてしまう可能性があります。

丁寧に水分を拭き取りましょう。

2.着替えのサポート

もし、自分で着替えることができるのならできる所は見守るだけでOKですが、麻痺などがある場合は手を貸してあげましょう。

ちなみに、麻痺がある場合の介護の更衣介助(着替え)の基本は、着患脱健(ちゃっかんだっけん)といい、服を着る時は麻痺のある方から着せて、脱がすときは麻痺の無い方から脱がすと言った方法があります。

この方法をすることによって介護員は服の着脱がしやすく、利用者さんに負担もかかりません。

3.水分補給を忘れずに!

入浴後は若い人でも体から水分が失われますし、高齢者であればなおさら脱水症状を起こす危険性もあります。

ですので、入浴後の水分補給は忘れずに必ず行いましょう。

入浴介助は利用者さんとの大切なコミュニケーションの場

日本人は基本的にお風呂が大好きで(稀に嫌いな人もいますが)、介護施設にいる利用者さんもお風呂に入れることがわかるととても喜んでくれます。

もちろん入浴介助中は介護員のスキル次第で不機嫌になってしまう事もありますが、上手に介助できるようになれば、利用者さんは心からリラックスし、自分が若かった頃の昔話などをとても楽しそうに語ってくれることもあります。

普段は無口で頑固な人でもお風呂に入ると何故かニコニコして饒舌になり、びっくりすることも!

なので、入浴介助は頭を洗ったり、体を洗ったりというだけでなく、コミュニケーション能力もとても大事で、利用者さんとの信頼関係を築く大事な時間なんです。

仕事が忙しいからと言って次々と利用者さんをお風呂に入れるのではなく、「あなたがお風呂の当番で良かった」「あなたがお風呂当番だといつも楽しい」と言ってもらえるように利用者さんとの会話も楽しみましょう。

介護の現場で役立つ入浴介助のコツまとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では最後におさらいもかねてここまでの要点をまとめていきたいと思います。

  • 入浴介助の一番の目的は、利用者さんの体を清潔に保つこと
  • 体を温める事により、新陳代謝を促進し、健康的な体を維持すると言う意味や、入浴する事により気持ちが安心して夜ぐっすりと眠れるという効果にも期待できる
  • 入浴前の準備
  • ・脱衣所と浴室を22度~25度に温めておき、他の部屋との温度差が無いようにしておく
    ・あらかじめ排泄は済ませておく
    ・バイタルチェックをする
    ・バスタオルやオムツ、着替えなど必要な物を準備してお
    ・お湯の温度は38度~40度に設定しておく

  • 入浴中のポイント
  • ・滑りにくいイスに座ってもらい、手すりやひじ掛けにつかまってもらう
    ・足元からゆっくりシャワーでお湯をかける
    ・体が温まってから頭と体を洗う
    ・浴槽に入っている時間は長くても5分程度
    ・浴槽から出る際は体を支えてあげる

  • 入浴後のポイント
  • ・頭や体をバスタオルで丁寧に拭く
    ・着替える
    ・水分補給

  • 仕事が忙しいからと言って次々と利用者さんをお風呂に入れるのではなく、「あなたがお風呂の当番で良かった」「あなたがお風呂当番だといつも楽しい」と言ってもらえるように利用者さんとの会話も楽しむ

いかがだったでしょうか。

ざっとポイントをまとめてみましたが、この通り入浴介助は気を付けるポイントが沢山あります。

確かに最初は大変かもしれませんが、一つ一つに気を配り、事故に気を付けて利用者さんとの楽しい時間を過ごせるようになると、介護がもっと楽しくなりますよ。

自分らしく働ける理想の職場を見つけたい方へ

「人間関係がよい職場で働きたい」「残業が少なく高収入が得られる職場がいい」

そんな希望を叶えてくれるのが、人気の非公開求人も多く取り扱っている介護業界専門の求人・転職サービスです。

無料で介護業界に精通した担当者から一人ひとりの希望や条件に合う職場を紹介してもらえて、面接の対策や職場見学の同行などのサービスも受けられるので、ぜひ活用してみてください。

介護業界専門の求人・転職サイトでは、ハローワークなどでは公開されていない好条件の非公開求人も紹介してもらえるだけではなく、介護の仕事についての不安や心配事などを相談することもできます。

事前に職場の雰囲気や人間関係、施設長さんの人柄まで教えてもらえるので、人間関係のよい職場で働きたいという方にもおすすめです。

介護業界専門の求人・転職サービスの中でも特におすすめの業者をご紹介しますね。

未経験者におすすめ!働きながら介護の資格を取得できる「かいご畑」

当サイトイチオシの就職・転職サービスです。未経験者OKの求人が充実している上に、介護職員初任者研修の資格が実質無料で取得できる支援制度があります。求人情報は全国エリア6,000件以上も掲載。介護教室も運営している「かいご畑」だからこそできる強力な制度でサポートしてもらえます。介護のお仕事が初めての方、無資格で働きながら資格取得をしたい方、ブランクがあり介護の仕事復帰を考えている方にオススメです。

週2~3日だけ働きたい・いろいろな職場を経験したい方にもおすすめ「きらケア派遣」

「無資格」「未経験」の方もサポートしてくれる介護派遣サービス。最高時給1700円!など好条件の求人が多数あります。ご就業後の心配がないように職場見学もできますし、子育てや家族の介護との両立に理解がある施設を紹介してもらうこともできます。

「ココカイゴ転職」なら職場の雰囲気や残業、年収がまるわかり! 介護求人専門の転職サイトです。

職場の雰囲気や残業、年収など自分では聞きにくいけど気になる部分を詳しく掲載。専任のキャリアパートナーが無料で面倒な検索や面接調整を代行してくれます。キャリアパートナー全員が介護資格をもっているので、介護ならではの専門的な相談もOK!どんどん質問や相談をしてみましょう。

Copyright© 未経験から始める介護の仕事 , 2020 All Rights Reserved.