介護の職場の種類

ホームヘルパー(訪問介護)経験者が語る仕事と給料の実態

「ホームヘルパーに興味があるけど、未経験者でもできる?」

「ホームヘルパーの仕事って具体的にどんなことがあるの?」

今回はそんな疑問をお持ちの方に向けて、訪問介護(ホームヘルパー)の仕事内容や注意点、給料の実態などをご紹介します。

ホームヘルパーの仕事の実態は?

与えられた時間内にやるべき仕事をする必要がある

介護の仕事に転職する人の中には「チームや人間関係にとらわれず一人で自分のペースで仕事をしたい」という理由からホームへルパーの道を選ぶ人がいます。

ホームへルパーは、利用者の自宅を一人で訪問し、やるべき仕事をこなすため施設で働くよりは人間関係に悩まされることは少ないかもしれません。

しかし、ホームヘルパーはホームヘルパーなりの「悩み」があります。

ホームヘルパーは、与えられた時間内にやるべき仕事をする必要があります。

施設で働いている人は、切りのいいところまで仕事をすることができますが、ホームヘルパーは分刻みで訪問先が決まっているため、例え仕事が中途半端な状態であっても、終了時間になったら仕事を切り上げて次の利用者宅に向かわなければならないのです。

ホームヘルパーに与えられる時間は、利用者の介護レベルによって異なります。

介護レベルが高ければ、与えられる時間も長くなりますが、介護レベルが低ければ30分以内に家事を終えなければならないこともあるのです。

介護レベルは、介護認定によって決められます。

介護認定は、利用者の状態を専門家が見たり、医師の診断をもとにして判定されるのですが、人によっては認定されるときだけ頑張ってしまい、実際の介護レベルよりも低く認定されてしまう人も少なくないのです。

ホームヘルパーとして利用者と関わる中で「この人はもっと介護レベルが高いはずだ」と思ったとしても、ホームヘルパーには認定に意見する権限はありません。

与えられた時間の中で、精一杯の仕事をするしかないのです。

ホームヘルパーは、利用者の介護レベルによって「やっていい仕事内容」が決まっているため、それ以上の介護まで手出しはできません。

ホームヘルパーと施設で働く介護職との大きな違いは「やりたい介護を好きなだけできない」ことかもしれません。

ホームヘルパーとして働く人は、常に時計を見ながら仕事をする必要があるのです。

「やりくり」も大切な仕事

また、「やりくり」も必要です。

ホームヘルパーの仕事の中には、買い物もあります。

高級な食材をたくさん使って、栄養のある食事を提供したいと思っても、与えられた予算の中から「やりくり」しなければならないのです。

利用者の中には、本当に少ない生活費で生活をしている人もたくさんいます。

「1か月の食費は1万円」と言われれば、ホームヘルパーは「やりくり」をして予算内におさめる努力をしなければならないのです。

「よかれと思って」が足を引っ張ることもある

ホームヘルパーは、利用者の自宅に入るため利用者の生活水準や家族の人柄が手に取るようにわかります。

仕事に一生懸命なホームヘルパーほど、利用者のプラスになる情報を伝えたいと思うものです。

しかし「よかれと思って」言ったことや、やったことが自分の足を引っ張ってしまうこともあります。

例えば、生活費が極端に足りていない利用者に対して「生活保護を受給したらいい」とアドバイスしたホームヘルパーが、利用者の家族から文句を言われることもあるのです。

ホームヘルパーの立場で考えれば、生活保護を受給することで少しでも生活水準があがると考えたのでしょう。

しかし、利用者が家族に生活保護について相談したところ、家族は受給に反対だったのです。

また、利用者の中には認知症が進んでいる人もいます。

食中毒を心配して、ホームヘルパーが食事の残りをこまめに処分していたところ「うちのホームヘルパーは、食事をどんどん捨てていく」と施設側にクレームを言われることもあるのです。

「良かれと思って」したことが、利用者や家族には誤解されることもあります。

ホームヘルパーとして長く働くコツは、利用者と家族とのコミュニケーションをしっかりと取り「誤解」を防ぐことではないでしょうか。

ホームヘルパーの時給の盲点は?

ホームヘルパーは、時給で働くことが多いようです。

1件当たり30分から1時間以内で1日に数件を掛け持ちして働きます。

ホームヘルパーとして1日3件を掛け持ちし、それぞれ時給1000円で1時間働くとすれば、1日3000円になります。

「3時間ならば午前中だけですむから、3000円ならホームヘルパーはいい仕事だ」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ホームヘルパーの時給には「移動時間」「待機時間」は含まれていません。

つまり、1件目の仕事が終わって、1時間後から2件目の仕事が始まるとすれば、それだけで午前中は終わってしまうのです。

3件目は午後から始めるとすれば、結局約丸一日仕事に費やすことになります。

1日拘束されて3000円は、あまりにも少ないのではないでしょうか。

ホームヘルパーとして働くならば、時給だけで仕事を探すのではなく、移動時間や時給に含まれれる範囲を確認しておくようにしましょう。

ホームヘルパーの仕事は家事の延長線上にあるようにも見えるため、主婦から介護職に転職する人に人気があります。

しかし介護の需要が高まってきたため、以前は看護師しか認められなかった「たんの吸引」などの医療行為も講習を受けることによってホームヘルパーもできるようになってきました。

「仕事の範囲が広がった」と喜ぶ人もいますが、「医療行為までするのは責任が大きすぎる」と感じる人もたくさんいます。

ホームヘルパーは立派な介護職であり、施設で働くことよりも一人の力量が重要になってくるのです。

自分らしく働ける理想の職場を見つけたい方へ

「人間関係がよい職場で働きたい」「残業が少なく高収入が得られる職場がいい」

そんな希望を叶えてくれるのが、人気の非公開求人も多く取り扱っている介護業界専門の求人・転職サービスです。

無料で介護業界に精通した担当者から一人ひとりの希望や条件に合う職場を紹介してもらえて、面接の対策や職場見学の同行などのサービスも受けられるので、ぜひ活用してみてください。

介護業界専門の求人・転職サイトでは、ハローワークなどでは公開されていない好条件の非公開求人も紹介してもらえるだけではなく、介護の仕事についての不安や心配事などを相談することもできます。

事前に職場の雰囲気や人間関係、施設長さんの人柄まで教えてもらえるので、人間関係のよい職場で働きたいという方にもおすすめです。

介護業界専門の求人・転職サービスの中でも特におすすめの業者をご紹介しますね。

未経験者におすすめ!働きながら介護の資格を取得できる「かいご畑」

当サイトイチオシの就職・転職サービスです。未経験者OKの求人が充実している上に、介護職員初任者研修の資格が実質無料で取得できる支援制度があります。求人情報は全国エリア6,000件以上も掲載。介護教室も運営している「かいご畑」だからこそできる強力な制度でサポートしてもらえます。介護のお仕事が初めての方、無資格で働きながら資格取得をしたい方、ブランクがあり介護の仕事復帰を考えている方にオススメです。

週2~3日だけ働きたい・いろいろな職場を経験したい方にもおすすめ「きらケア派遣」

「無資格」「未経験」の方もサポートしてくれる介護派遣サービス。最高時給1700円!など好条件の求人が多数あります。ご就業後の心配がないように職場見学もできますし、子育てや家族の介護との両立に理解がある施設を紹介してもらうこともできます。

「ココカイゴ転職」なら職場の雰囲気や残業、年収がまるわかり! 介護求人専門の転職サイトです。

職場の雰囲気や残業、年収など自分では聞きにくいけど気になる部分を詳しく掲載。専任のキャリアパートナーが無料で面倒な検索や面接調整を代行してくれます。キャリアパートナー全員が介護資格をもっているので、介護ならではの専門的な相談もOK!どんどん質問や相談をしてみましょう。

Copyright© 未経験から始める介護の仕事 , 2020 All Rights Reserved.