介護職の基礎知識

【事務職から介護職への転職】未経験でも大丈夫?必要な心構えは?

「事務職から介護職に転職したいけど、未経験でも大丈夫かな?」

「事務職よりも介護職に向いているのはどんな人?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も未経験から介護の仕事に転職しました。

今回は、事務職から介護職への転職を検討中の方に向けて、事務職と介護職の違いやスキルよりも大切な心構えなどについてお話しします。

事務職から介護の仕事に転職する人は増加中

事務職から未経験で介護業界に転職する人が増えています。

転職活動をやってみたけれど、思うようにうまくいかず「求人数の多い介護業界ならば」と思う方も多いのかもしれません。

介護の仕事には、事務職にはないやりがいがある反面、事務職とは違う大変さもあります。

事務職と介護職の違い

高齢者や障がい者の介護をするのが介護職です。

食事の介助だけでなく、入浴やオムツ処理などの身体介護も含まれますし、介護者の代わりに買い物に行ったり掃除をしたりする生活介護もあります。

事務職とは違い、人を相手にする仕事なので、相手を思いやる気持ちも大切になりますし、思うように進まない難しさもあります。

最近の介護は「すべてに手助けをする」というよりも「たりないところを手助けする」ようになっています。

介護が必要になったといっても、自分でできることは自分でできるように手助けすることが求められているのです。

介護の仕事を始めるとき「面倒をみてあげる」「やってあげる」という心構えで臨んではうまくいかないでしょう。

介護される人は高齢者であり、人生の先輩であることがほとんどです。介護される側になったとしても、長い人生を歩んできた誇りとプライドがあります。

介護の仕事をするときには「自分よりも目上の人」を相手にしている心構えを持っておくことが大切でしょう。

そして介護の仕事は、介護される人だけでなく、家族とのつながりもあります。

家族は、大切な家族を預けるため、介護する人がどのような人か心配しているはずです。

家族と接するときには、普段の様子を簡単に話したりできるような気配りも必要でしょう。

参考記事
介護施設の家族からのクレーム事例・モンスター家族への対応法は?

「介護施設で働いているけどクレーマー家族がいて対応に困っている」 「入居者の家族からの理不尽な苦情にどう対応していいかわからない」 今回はそんな悩みをお持ちの方に向けて、介護施設で実際にあったモンスタ ...

続きを見る

介護の仕事を続けるなら「割り切り」が大切

介護の仕事は、着替えやおむつ替えの「作業」を淡々とこなす仕事だけではありません。

着替えの介助をしようと思っても、人によっては手助けを拒んだり、嫌がる人もいるのです。

中には、暴力的になり殴ってきたり、暴言を言われたりすることもあります。

とくに入浴の介助では、熱気あふれる浴室の中で長時間の介助にあたるため、介護する側も疲れるでしょう。

しかもデイサービスのように帰宅時間が決まっている場合は、指定の時間内に入浴を終わらせなければならないため、介助をスムーズに進めなければならないのです。

思うように介護ができないとイライラすることもあります。

また、理不尽な反抗にあい、ボンと殴られればいらだつこともあるでしょう。

しかし、介護されている人の中には、さまざまな病気を持っている人がいます。

多少手を出されたとしても「しょうがない」と割り切る心構えを持っていなければ、続けることは難しいかもしれません。

仕事のイライラを利用者にぶつける人もいると聞きます。

利用者によっては、自分の口で助けを求めることができない人も多いのです。

話せない人や助けを求められない人に自分のイライラをぶつけるようになってしまうようならば、介護の仕事にはむいているとは言えません。

介護の仕事が好きな人やむいている人は、利用者から「ありがとう」と言われることが最高の喜びと言います。

そのような人たちが、利用者にストレスを発散しているような同僚をみつけたら、とても悲しく思うでしょう。

介護の仕事は、誰もができる仕事とはいえないのかもしれません。

「仕事だから」と割り切って働くことは、働く側にとっても楽なことであり、介護される側にとっても楽なことなのです。

事務職にはない介護職の魅力

介護の仕事の魅力は、未経験者でも働きやすいことです。

また、若い人の方が有利な事務職とは違い、年齢を問わずスキルアップ、ステップアップすることができます。

介護の資格は時代に応じてどんどん変化しています。「介護の仕事にあっている」と感じたならば、資格取得を目指すことで仕事に「やりがい」をプラスしてみてもいいのではないでしょうか。

介護業界では、資格取得をバックアップしている職場がたくさんあります。

無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

事務職から介護の仕事に転職する人は、人との関わりがある仕事を求めている方も多いようです。

介護の仕事はチームワークが要です。積極的に人と関わり合うことが、職場の雰囲気をよくし、介護の仕事を充実させるコツでしょう。

介護の仕事は他業界と比べて求人数がとても多くあります。

勤務時間も自由度が高い職種のため、事務職よりも転職しやすい職種に感じるかもしれません。短時間勤務も可能です。

しかし介護の仕事は「短時間だから簡単」というわけではありません。「短時間だからこそ」油断せず介護する必要があるのです。

介護の仕事に転職するときに一番大切な心構えは「責任感」なのかもしれません。

事務職から介護職になるには

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は事務職と介護職の違いや介護職に転職する際に大切な心構えなどについてご紹介しました。

介護職には事務職にはないやりがいもたくさんあり、未経験から始めて、介護職にのめり込む方も多くいらっしゃいます。

チャレンジしてみたいという方はぜひ勇気を持って最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

未経験から介護職を目指す方は、介護職員初任者研修を無料で受講できる求人サイトの利用をおすすめします。

無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

© 2021 異業種・無資格・未経験から始める介護の仕事