求人・転職サービス

介護職の「オープニングスタッフ」の求人のメリットとデメリットとは

介護職の求人情報を見ていると「オープニングスタッフ募集」という言葉を目にすることがあります。

オープニングスタッフとは、新規に建てられた施設で働く職員をいいます。

近年は、介護施設がどんどん新設されているため、オープニングスタッフの採用も増えているのです。

今回は「オープニングスタッフ」として働くことのメリットとデメリットについてお話しします。

「オープニングスタッフ」という言葉に惑わされない

「オープニングスタッフ」という言葉を目にすると、自分の都合のいいようにイメージを作り上げてしまうことがあります。

例えば、オープニングスタッフは、施設をオープンする前に募集が行われることが多いため、どのような施設になるのかがわかりにくいのです。

もしかしたら、サービス付き高齢者向け住宅かもしれないし、認知症高齢者グループホームかもしれません。

同じ「介護施設」といっても、サービス付き高齢者向け住宅と認知症高齢者グループホームとでは、必要とされる介護に大きな違いがあるのです。

「オープニングスタッフ募集」という言葉を目にすると、真新しい建物の中で、新しい仲間と活気ある職場をイメージしがちですが、どのような施設ができて、どのような仕事内容をすることになるのかを確認しておくことが大切です。

新しい介護施設でオープニングスタッフとして働くメリット

新しい介護施設でオープニングスタッフとして働くメリットは、職場環境のすべてが新しいことでしょう。

施設も新しいため、きれいな環境で働くことができます。

また、新しい施設には最新の介護用品や介護設備が導入されるため、肉体労働が楽になる可能性もあるでしょう。

そしてなにより大きなメリットは、人間関係も新しくなることです。

介護の仕事は、チームで介護にあたります。

そのため、すでに人間関係が出来上がった輪に入る必要がある転職は、仕事に慣れる以上に人間関係で苦労することがあるのです。

しかし、オープニングスタッフとして働く場合は、すべてがまっさらな状態の人間関係です。

すべての人が同期入社になるため、先輩後輩の関係がなく、リラックスして接することができます。

また、仕事に関する決まり事も最低限のことだけしか決まっていないことが多いため、働く人が働きながら決めていくことができます。

自分たちの手で、新しい施設を立ち上げている気持ちになり、モチベーションが高くなるメリットもあるのです。

オープニングスタッフとして働くデメリット

オープニングスタッフとして働くデメリットは「軌道に乗るまでは忙しくなること」と「利用者の情報がわからない」ことでしょう。

オープニングスタッフは、まっさらな状態から始まるため、足りない物や事がたくさんあります。

「足りないからできない」のではなく、臨機応変な対応や工夫で乗り越える必要があるのです。

また、オープンしたての施設には、新しい利用者が入ってきます。

介護で大切なことは、利用者の情報を把握して、必要な介護を提供することです。

しかしオープンしたての施設は「利用者の情報」もまっさらな状態です。

情報がない中で、介護にあたり徐々に利用者の情報を集める必要があります。

また、オープニングスタッフの人数を十分に確保できていないこともよくある話です。

施設を新たに建てる経営者は、自分の理想とする施設にするために、人選びに慎重になる傾向があります。

人手が足りない状態でオープンしてしまえば、人手が足りず現場は忙しくなります。

軌道になるまでは、残業が増えてしまったり、休日出勤を求められたりするかもしれません。

介護施設のオープニングスタッフは二つの種類がある

「オープニングスタッフ」にも2種類あります。

「まったく新しい法人が建てる新設の施設」と「すでに複数の施設を持っている法人が、いわゆる支店のように建てた施設」です。

まったく新しい法人が建てる新設の施設の場合は、軌道に乗るまでは本当に大変な労力が必要です。

オープニングスタッフとして採用され、一生懸命に働いて軌道にのせるまでに至ったにもかかわらず、燃え尽き症候群になってしまい、辞めてしまう人もいます。

しかし、すでに複数の施設を持っている法人が、支店のように建てた施設の場合は、オープニングの大変さを知っています。

そのため、軌道に乗るまではベテランの介護職員を臨時に派遣してくれることもあるのです。

「オープニングスタッフ」の求人を見つけたときには、忙しいけれど仲間の団結力が高まる新設施設なのか、新設だけど助っ人が期待できる施設なのかをチェックし、自分にはどちらが合っているのかを考えてみるといいでしょう。

介護施設は、異業種からの参入も多く、個性ある施設が新設されています。

オープニングスタッフとして働くならば、自分がやりたい介護ができる職場なのかをしっかりと確認しておくことが大切です。

またオープニングスタッフの求人の中には「未経験者歓迎」と書いてあることもあります。

未経験で採用された場合の教育システムについても確認しておくといいでしょう。

自分らしく働ける理想の職場を見つけたい方へ

「人間関係がよい職場で働きたい」「残業が少なく高収入が得られる職場がいい」

そんな希望を叶えてくれるのが、人気の非公開求人も多く取り扱っている介護業界専門の求人・転職サービスです。

無料で介護業界に精通した担当者から一人ひとりの希望や条件に合う職場を紹介してもらえて、面接の対策や職場見学の同行などのサービスも受けられるので、ぜひ活用してみてください。

介護業界専門の求人・転職サイトでは、ハローワークなどでは公開されていない好条件の非公開求人も紹介してもらえるだけではなく、介護の仕事についての不安や心配事などを相談することもできます。

事前に職場の雰囲気や人間関係、施設長さんの人柄まで教えてもらえるので、人間関係のよい職場で働きたいという方にもおすすめです。

介護業界専門の求人・転職サービスの中でも特におすすめの業者をご紹介しますね。

未経験者におすすめ!働きながら介護の資格を取得できる「かいご畑」

当サイトイチオシの就職・転職サービスです。未経験者OKの求人が充実している上に、介護職員初任者研修の資格が実質無料で取得できる支援制度があります。求人情報は全国エリア6,000件以上も掲載。介護教室も運営している「かいご畑」だからこそできる強力な制度でサポートしてもらえます。介護のお仕事が初めての方、無資格で働きながら資格取得をしたい方、ブランクがあり介護の仕事復帰を考えている方にオススメです。

週2~3日だけ働きたい・いろいろな職場を経験したい方にもおすすめ「きらケア派遣」

「無資格」「未経験」の方もサポートしてくれる介護派遣サービス。最高時給1700円!など好条件の求人が多数あります。ご就業後の心配がないように職場見学もできますし、子育てや家族の介護との両立に理解がある施設を紹介してもらうこともできます。

「ココカイゴ転職」なら職場の雰囲気や残業、年収がまるわかり! 介護求人専門の転職サイトです。

職場の雰囲気や残業、年収など自分では聞きにくいけど気になる部分を詳しく掲載。専任のキャリアパートナーが無料で面倒な検索や面接調整を代行してくれます。キャリアパートナー全員が介護資格をもっているので、介護ならではの専門的な相談もOK!どんどん質問や相談をしてみましょう。

Copyright© 未経験から始める介護の仕事 , 2020 All Rights Reserved.