介護の仕事内容

介護の現場ですぐ役立つ介護記録の書き方のコツ

介護の仕事は入浴介助やオムツ交換、食事介助がメインだと思われがちですが、実はもう一つ重要な仕事があります。

それは、介護記録(ケース記録)を書くことです。

介護記録は慣れないと毎日同じことばかり書いてしまったり、文章力が身についていないと書いている事がまるで相手に伝わらなかったりして介護記録の役割を果たすことができないなどの問題が発生してきます。

そんな事を言われても介護の仕事を始めたばかりの人や、これから介護の仕事を始めようと思っている人は困ってしまいますよね。

そこで、今回は介護の現場ですぐ役立つ介護記録の書き方のコツについてご紹介したいと思います。

介護記録を書く意味とは?

介護記録の書き方のコツよりも先に、まず介護記録を書く意味を知らなければいけません。

「利用者さんのお世話を一生懸命しているんだから、記録なんて残さなくてもいいじゃない」

なんて思うかもしれませんが、介護記録を残しておくことは非常に大事な意味があります。

事故が起きた時にその時の詳細な状況を証明するため

介護の仕事というのは、どんなに気を付けていても100%事故を防ぐことはできません。

もし、利用者さんが転倒したり、転落してしまったりした時に何も証明する物がなかったらどうなるでしょう?

適切な判断で事故の処理を行っていたとしても、利用者の家族や他の職員に「ちゃんと仕事してなかったんでしょ!」と言われた場合に何の証拠もないことになります。

そうなると、万が一、訴訟に発展した場合に、その時の自分の行動や利用者さんの様子をいくら口で説明した所で仕事の内容を疑われてしまうのです。

職員間の情報共有のため

介護の仕事は日勤もあれば夜勤もあります。

もし、介護記録を書いていなければ、例えば日中利用者さんが熱を上げていたとしても、夜勤の人に適切に申し送ることもできません。

今日一日、利用者さんがどのように過ごしていたのか職員間で情報を共有するためにも、介護記録は必要なんです。

利用者や家族との信頼関係を築くため

介護記録は利用者や家族が希望すれば閲覧できるようになっています。

もし介護記録が書かれていなければ、利用者の家族は自分の家族が毎日施設でどのように過ごしているのか知るすべもありません。

介護記録は適切な文章で介護記録を書くことにより、利用者やその家族とのコミュニケーションを取るツールでもあるんです。

利用者の様子をケアプランに反映するため

利用者さんの状態は日々変化しています。

介護記録にこの変化を毎日書いていないと、いざケアプランを作るとなっても、利用者さんがどのようなサービスを受けてどのような状態なのか確認することもできないのですから作りようもありません。

介護記録の書き方のコツ

5W1Hを意識して書く

介護記録の書き方のコツは5W1Hを意識して書くことで読んだ相手にも内容がしっかりと伝わる文章になります。

と、簡単に言われても困っちゃいますよね。

5W1Hとは

・ WHEN(いつ)

・ WHERE(どこで)

・ WHO(誰が)

・ WHAT(何を)

・ WHY(なぜ)

・ HOW(どうした)

のことで、これらのキーワードが抜けていると文章として非常に相手に伝わりづらくなります。

初めの内は文章を書くことに慣れていないと思うので、書いたら自分の文章を見直してみて、5W1Hがしっかりと文章に組み込まれているのか確認しましょう。

自分が見た事実を適切に書く

記録を書く際には自分が見た事実を正確に書く事が大事です。

なので例を挙げると、自分がホールにいる時に居室で利用者さんが転倒してその物音で気が付いて駆けつけた場合は「居室でAさんが転倒し物音がしたため訪室すると」とは書けないわけです。

なぜなら自分はその時ホールにいたのだから、転倒のシーンは見てないわけなので、その物音が転倒した音なのか何なのかその時点ではわかるはずもないからです。

この場合は、「居室で物音がし、訪室するとAさんが床に倒れていた」が正解です。

ちなみにこのような場合はその後の対応も書く必要があります。

「居室で物音がし、訪室するとAさんが床に倒れていた。なぜ倒れていたのかAさんに聞くと、立ち上がろうとした時に目眩がして転倒したと答える。介助にてベッドに移乗し看護師に連絡、アザや傷、痛みの有無確認するも外傷なく痛みの訴え無し、その後血圧測定し、血圧120/70、 脈拍60にて異常なし、食事の時間までベッドに横になって休んでいるよう声掛けし退室する」

という感じに書いておくと誰が見てもその時の自分や利用者さんの行動の様子や情報もわかりますよね。

専門用語や略語はほどほどに

介護や看護の仕事には一般の人にはすぐにわからない専門用語が沢山あります。

例えば「9時、トイレ誘導し、Hr(+)Kot(-)」と書かれていたら、介護や看護の業界で仕事をしている人以外にはさっぱり意味がわからないですよね。

介護記録は利用者さんや家族の方も見るので、誰が見てもパッと理解できるように書かなくてはいけません。

この場合は「9時、トイレ誘導し、排尿あり、排便なし」と書けば誰が見ても理解することができますよね。

書くときはボールペン、訂正するときは修正テープは使用しない

記録を書くときは基本的に鉛筆やシャーペンではなく、ボールペンを使います。

理由としては、消せるもので書くと記録の改ざんを疑われることがあるかもしれないからです。

それと同じ理由で、文章に訂正がある場合は、修正テープや修正液は使わないようにしましょう。

間違った箇所には二本線を引いて、その上から訂正印を押すようにしましょう。

メモ帳を携帯しておくと記録を書く時に便利

施設にもよりますが、一日の間で記録を書く時間というのはある程度決められています。

その時間までに起こった事実を詳細に記憶しておかなければいけないのですが、はっきり言って余程の天才でもない限り無理だと思います。

そのため、常にメモ帳を持ち歩きその時に起こった事を書いておくことをおすすめします。

その場でメモをとることによって、記録を書く時に「あれ~、あの時どうだったっけ?」と悩む無駄な時間が省けるので時間短縮にもなります。

日付や時間は必ず書く

当たり前のことですが、日付や時間が書かれていないと、いつ起こった出来事なのか書いた本人しかわかりません。

なので、忘れずに日付と時間を書きましょう。

介護の現場ですぐ役立つ介護記録の書き方まとめ

最期までお読みいただき、ありがとうございました。

では最後におさらいもかねてここまでの要点をまとめていきたいと思います。

・ 介護記録を書く意味

1. 事故が起きた時にその時の詳細な状況を証明するため

2. 職員間の情報共有のため

3. 利用者や家族との信頼関係を築くため

4. 利用者の様子をケアプランに反映するため

・ 介護記録の書き方のコツは5W1Hを意識して書くこと

・ 記録を書く際には自分が見た事実を正確に書く事が大事で、見てない事を憶測で書くことはできない

・ 事故が起きた場合は、その時の状況だけでなくその後の対応まで書く事が大事

・ 介護記録は利用者さんや家族の方も見るので、誰が見てもパッと理解できるように難しい専門用語や略語を使うのはほどほどにする

・ 記録を書くときは基本的に鉛筆やシャーペンではなく、ボールペンを使う。理由は、消せるもので書くと記録の改ざんを疑われる事があるから

・ 文章に訂正がある場合は、修正テープや修正液は使わず、間違った箇所に二本線を引いてその上から訂正印を押さなければいけない

・ 常にメモ帳を持ち歩きその時に起こった事を書いておくことで、記録を書く時に「あれ~あの時どうだったっけ」と悩む無駄な時間が省け、時間短縮になる

・ 日付や時間は必ず書く

いかがだったでしょうか。

介護記録は、結局は記録をたくさん書くことによって覚えていきます。

最初のうちは大変かもしれませんが、具体的な記録を書けるようになれば、利用者さんにより良いケアを提供できるようになるので頑張りましょう。

自分らしく働ける理想の職場を見つけたい方へ

「人間関係がよい職場で働きたい」「残業が少なく高収入が得られる職場がいい」

そんな希望を叶えてくれるのが、人気の非公開求人も多く取り扱っている介護業界専門の求人・転職サービスです。

無料で介護業界に精通した担当者から一人ひとりの希望や条件に合う職場を紹介してもらえて、面接の対策や職場見学の同行などのサービスも受けられるので、ぜひ活用してみてください。

介護業界専門の求人・転職サイトでは、ハローワークなどでは公開されていない好条件の非公開求人も紹介してもらえるだけではなく、介護の仕事についての不安や心配事などを相談することもできます。

事前に職場の雰囲気や人間関係、施設長さんの人柄まで教えてもらえるので、人間関係のよい職場で働きたいという方にもおすすめです。

介護業界専門の求人・転職サービスの中でも特におすすめの業者をご紹介しますね。

未経験者におすすめ!働きながら介護の資格を取得できる「かいご畑」

当サイトイチオシの就職・転職サービスです。未経験者OKの求人が充実している上に、介護職員初任者研修の資格が実質無料で取得できる支援制度があります。求人情報は全国エリア6,000件以上も掲載。介護教室も運営している「かいご畑」だからこそできる強力な制度でサポートしてもらえます。介護のお仕事が初めての方、無資格で働きながら資格取得をしたい方、ブランクがあり介護の仕事復帰を考えている方にオススメです。

週2~3日だけ働きたい・いろいろな職場を経験したい方にもおすすめ「きらケア派遣」

「無資格」「未経験」の方もサポートしてくれる介護派遣サービス。最高時給1700円!など好条件の求人が多数あります。ご就業後の心配がないように職場見学もできますし、子育てや家族の介護との両立に理解がある施設を紹介してもらうこともできます。

「ココカイゴ転職」なら職場の雰囲気や残業、年収がまるわかり! 介護求人専門の転職サイトです。

職場の雰囲気や残業、年収など自分では聞きにくいけど気になる部分を詳しく掲載。専任のキャリアパートナーが無料で面倒な検索や面接調整を代行してくれます。キャリアパートナー全員が介護資格をもっているので、介護ならではの専門的な相談もOK!どんどん質問や相談をしてみましょう。

Copyright© 未経験から始める介護の仕事 , 2020 All Rights Reserved.